わたしたちにできること

植物が好き、そして、植物のためになにかがしたい。それでは、わたしたちにいったいなにができるのでしょうか。

CBGについて
  • CBGのはじまり
  • 園芸種の保存
  • ネットワークの可能性
  • わたしたちのための園芸
  • わたしたちにできること
  • CBGのこれから
  • 最初にできることから
  • 次にできることを
  • ■CBGのこれから

    プロからビギナーを含む「植物好き」が集まるネットワーク、それがCBGです。「園芸文化の向上をめざして」というと、 ごたいそうに聞こえるかもしれませんが、気軽に、楽しく、地道に、をモットーに草の根運動を展開していこうと考えています。

    植物と、そして植物とつきあうわたしたちのために「こんなことはできないだろうか」と考えることが、CBGの基本です。

    CBGはまだはじまったばかり。プロジェクトも進行中や計画中のものばかりです。プロジェクトの作業の1つひとつは 小さな一歩かもしれませんが、これらを草の根的に続けていくことで、21世紀につながる、文化としての園芸の発展に貢献することが できるのではと考えています。

    最初は、わたしたちの活動を見守ってくださるだけでもOKです。 でも、参加することによって多くの「なにか」がきっと得られるはず。そして、あなたの参加によってCBGもより多くの 「なにか」を得ることができるのです。

    はじめに組織ありき、ではなく、人と人が横につながったとき、 はじめて「CBG」というネットワークとなるのです。


    先頭へ戻る

    ■最初にできることから

    「植物が好き」だけど、わたしはまだまだビギナーだから、きっとなにもできない…。いいえ、そんなことはありません。 ベランダや庭で植物を育てている…。それだけで、もうすでに植物とのつきあいがはじまっています。

    大切なことは、消費する園芸ではなく、保存栽培する園芸へという意識に変えていくことです。といってもむずかしいことではありません。 自分のベランダや庭で、種を播き、苗を育て、花を楽しみ、種を採集し、といった循環する園芸を楽しむことが、園芸植物の「品種の保存」に つながっていきます。もちろん、最初は枯らしてしまうなど、失敗は多いでしょう。でも、複数のベランダや庭で育てていれば、どうでしょうか。 どこかで、その植物は生きつづけているかもしれません。それが、CBGのねらいです。


    先頭へ戻る

    ■次にできることを

    「植物を育てること」からさらに一歩踏み込むために、つきあっている植物がどのように育ってきて、 そしてどのような環境を好むのかなどを調べてみませんか。

    たとえば、購入した植物についている、さまざまなラベルがあります。そこには、その植物の流通名のほか、 学名や原産地といった情報が書かれていることがあります。その情報から、その植物のことをちょっと知ることができるでしょう。 また、しっかりとした流通名や学名がわかれば、書籍やインターネット上からさまざまな情報を入手することもできます。

    植物の名前は思っているより、けっこう大切なものです。正しい名前を知らなくては、その植物を深く知ることも、 新しい未知の植物を探すことも、情報交換することもできません。CBGでは、「植物をより深く知る」ためのお手伝いをしたいと考えています。


    先頭へ戻る


    HOME