スポーツ

ニーシャーリエンの若い頃がかわいい…夫と子供は?ルクセンブルク代表になった理由

ニーシャーリエン 若い頃
【記事内に商品プロモーションを含む場合があります】
【スポンサーリンク】

卓球のルクセンブルク女子代表に還暦を過ぎた現役選手がいます!

『倪夏蓮(ニーシャーリエン)』選手は、卓球歴は50年以上で、2024年現在未だ代表として活動しています。

卓球は老若男女が楽しめるスポーツですが、それにしてもまだ世界と戦える実力を持っているなんて、何者なんでしょうか!?

今回は、そんなニーシャーリエン選手について

まとめていきます^^

スポンサーリンク

倪夏蓮(ニーシャーリエン)の若い頃の画像

倪夏蓮(ニーシャーリエン)選手は、1963年7月4日生まれ。

中国・上海市で生まれ、卓球選手としてのキャリアをスタートさせました。

若干14歳で上海代表チームに参加し、その後、1983年の世界卓球選手権で女子団体と混合ダブルスの2冠を達成し、世界にその才能を示しました。

2024年2月現在、ニー選手は60歳の還暦です!

2024年2月の世界卓球では「炭酸を飲む60歳エース」とキャッチフレーズが印象的^^;

60歳でも現役選手として活躍できる体力づくりには興味を持てますよね!?

そんなニー選手の若い頃の画像を見つけました^^

ハタチのニー選手です☆

ハタチにしてはまだ幼い感じですっごくかわいらしいですよね!

倪夏蓮(ニーシャーリエン)の経歴

ニーシャーリエン選手は、10代のうちは中国で過ごしています。

14歳で上海代表
16歳で中国代表

となり、1983年の世界選手権では女子団体・混合ダブルスで金メダル、女子ダブルスで銅メダルを獲得しています。

その後の経歴は以下の通りです。

1986年 中国代表チームを離れ、上海交通大学に進学。同時に上海代表のコーチを務める

1989年 中国を離れ、ドイツに渡る

1990年 ルクセンブルクに移住

1991年 ルクセンブルク代表選手になる

2000年 シドニー五輪で五輪初出場。以来、5大会にわたり五輪本戦に出場

2016年 リオデジャネイロ五輪でルクセンブルクの旗手を務める

2021年 東京五輪で五輪卓球選手の最年長記録(58歳)を更新

2021年 世界卓球選手権でデヌッテ・サラウ(ルクセンブルク)との女子ダブルスで銅メダルを獲得(自身38年ぶりの世界選手権メダル獲得)

1989年にドイツに渡った頃は、中国はオープンになって、中国を離れて海外に行く人が多く、その影響でニー選手自身も海外に行くことを選んだのです。

実際には3,4年で中国に帰る予定だったそうなんですが、ドイツの2部リーグのチームで活躍し、その後ルクセンブルクから声がかかって、そのまま移住することになったそう。

世界ランクの過去最高は4位

そして、60歳を超えた今でも、倪夏蓮は卓球界での活躍を続けています。

 

倪夏蓮(ニーシャーリエン)のルクセンブルク代表はいつから?

ニーシャーリエン選手がルクセンブルクに移住したのは、1990年。

その後ルクセンブルクに帰化し、ルクセンブルク代表になったのは、1991年です。

ルクセンブルク代表になった理由

ニー選手がルクセンブルク代表になった理由としては

  • 当時の中国では厳しい練習環境に限界を感じ、より自由な卓球生活を求めたため
  • 夫であるトミー・ダニエルソン氏がいたから

といった理由が挙げられています。

中国は卓球大国なので、日本からもトレーニングのために中国へ卓球留学をすることもありますよね。

中国にいれば卓球の厳しいトレーニングは必須ですし、代表になる競争率も激しい。

あるインタビューの中で、「国家チームでも複雑な問題があった」と話しているので、ニー選手にとって居心地の悪いところになっていたのでしょう。

それを思うと、ニー選手がもし中国にいたままだと、オリンピック出場はなかったかもしれないし、ここまで現役をつづけてなかったと考えられますね。

還暦になっても世界で戦える実力やメンタルがあるのは、ルクセンブルクに移住したことが大きいでしょう。

 

スポンサーリンク

倪夏蓮(ニーシャーリエン)の夫はコーチ

ニーシャーリエン選手がルクセンブルクに移住し、代表となった理由として一番大きいのは旦那さんの存在です。

ニー選手は、コーチ兼トレーニングパートナーのトミー・ダニエルソン氏と結婚しています。

実は、ドイツに渡ったときには前のご主人と一緒だったんだそう!

1994年に、コーチとなったダニエルソン氏と出会って、その後結婚に至ったのです。

2022年の世界卓球では、ダニエルソン氏が監督としてベンチ入りしていたこともあるんです^^

東京五輪の後には、アンリ・ルクセンブルク大公殿下の元を訪れ、一緒に卓球をする姿も♪

ニー選手は、ご主人と一緒に試合で世界を回って幸せだと話しています。

子供は何人?

ニー選手とダニエルソン氏の間には二人の子どもがいます。

2023年でおそらく息子さんは31歳、娘さんは20歳くらい。

息子さんは前のご主人との子で、娘はダニエルソン氏との子ども。

出産も経て、60歳まで現役の選手って本当にすごすぎます!

今では子どもと同じ年代の選手をバリバリ倒したりもするんですから、容赦がないですよね(笑)

年齢を感じさせないプロ魂には脱帽です!

 

まとめ:ニーシャーリエンの若い頃がかわいい…夫と子供は?ルクセンブルク代表になった理由

この記事では、卓球選手の倪夏蓮(ニーシャーリエン)さんプロフィールや経歴について紹介しました!

若い頃の画像はとってもかわいらしいですよね^^

ニー選手の中国からルクセンブルクへの移住とその理由、そしてルクセンブルク代表としての活躍など、彼女の卓球人生は本当に紆余曲折があったようです。

また、ニー選手は家庭を築き、母親としての役割を果たしながらも、60歳を超えてもなお卓球界で活躍し続けています。

これからも彼女の活躍から目が離せません★

スポンサーリンク
error: Content is protected !!